スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    更新しました

    0

      伊勢阿高の2回目、更新しました。
      まだ伊勢にも行っていませんが、よろしければ・・・。

      http://blogs.yahoo.co.jp/pikkoro_s/63472590.html
      atasonoya * 荻原作品関係 * 22:41 * - * - * - -

      ひさびさに更新しました。

      0
        こんばんは、ぴっころです。

        ものすごく久々に更新しました。

        伊勢阿高話の序盤です。

        http://blogs.yahoo.co.jp/pikkoro_s/63465763.html

        伊勢阿高話を書ききれるようにがんばります(><)

        ビバひな祭り!桃の節句!あたその祭り!(勝手に)
        atasonoya * - * 22:37 * - * - * - -

        (今頃ですが)2015年3月11日荻原則子先生トークショーレポ?inジュンク堂池袋本店

        0
          もうすでに半年以上経っていますが、2015年3月11日荻原則子先生トークショーレポ?inジュンク堂池袋本店です。

          おそらく一番乗りくらいでレポを書いたのですが、ツイッターからこちらに移すのを忘れておりました。
          今頃ですが、自分のためにも、ここを見てくださっているありがたい奇特な方のためにもレポのまとめを。
          以下、トークショー当日の夜に書いた内容の転記です。(一部追記あり)
          夜に洗面所で2時間くらい立ったまま寒いのと眠いのを我慢してスマホで書いたものなので、不足などもあるかと思いますが、よろしければ。

          (読み返してみたら、内容が散漫過ぎて(汗)すみません。ツイッターへの投稿を移したので、やはりまとまりがないですね(汗)
           あくまでバラバラの情報のメモとしてお読みください・・・)

          --------------------------

          荻原先生のトークショーに行ってきました。薄紅関連の質問と、菅流の質問は100%私です。
          煩悩炸裂な質問を並べまして申し訳ありませんでした。
          でも、うれしい情報いっぱいでよかったです!わーいわーい!雪政さんの質問もしてみました。メモしまくったのでレポ書きます!

          しかし、図々しさ炸裂でほんとにすみませんでした.
          いつもああいう時には「いつやるの!今でしょ!」的なスイッチが入ってしまい。
          (※今回、事前質問のFAX受付があり、私は2回に分けて、A4用紙3枚分お送りしていました)


          菅流についての質問、ほんとしょうもないこともたくさん聞いてすみませんでした。
          でも、でも、あれでも送ってたやつの半分くらいなのです、ごめんなさーい(/ _ ; )
          菅流が象子と夫婦になって、出雲の長になるという話が聞けて感動しました。


          荻原先生のお話だと、象子が世話になってる家(長の妹の豊青姫のことですね)も立派だし、その象子と結婚して出雲の長になっていくらしい。
          (養女的な象子の婿、みたいなニュアンスを感じました)
          玉造村の長にはなると思っていたけど、まさか出雲の長になるとは思っていなかったのでびっくりでした。


          そっか、菅流が出雲の長になったら、本当に「伊津母の菅流」になるわけですね。泣くわ。・゜・(ノД`)・゜・。

          ジュンク堂池袋店様の売り上げに貢献すべく、神竜のサイン本をきっちり購入して参りました!
          電子書籍と紙の本と、両方そろった!
          ジュンク堂池袋店様、素晴らしいイベントありがとうございました!
          今から簡易レポで自分の質問中心に少し書いてみます!

          トークショーは三部構成。
          1、荻原先生個人への質問の回答。
          2、荻原先生の創作方法についての質問の回答。
          3、作品の細かいことについての質問の回答。


          1については、私の過去の講演会レポとかぶる内容が多かったです。
          他では、
          ・生まれ変わるなら鳥
          ・枕草子は好きだが、自分は屈折がある分、紫式部タイプ
          ・中宮定子に会ってみたい
          ・暇な時は好きな本を読むかネット配信でアニメ
          ・熊野の大斎原が好き。後白河のありの熊野詣でとかのところ。


          大斎原は何か感じるそうです。でも、霊感はなく、幽霊を見たこともないそうです。
          質問者さんが「荻原先生に霊感がないことにびっくりしました」的なことをおっしゃっていました(^_^;)

          荻原先生の創作方法。
          話を思いつくのは普段の生活で一瞬ぽーっとした時だそうです。電車の中、コーヒーを入れている時、お風呂など。
          お話の細かい部分は、事前には考えておらず、書いている時に手が書いていくそうです。書いてわかってくるとのこと。


          荻原作品中に恋愛が多いのは、主人公が15歳くらいで、恋愛を始める時期なので避けられない。カップルというか、補わなければいけない二人、という感じ。
          表紙は担当編集者におまかせして、自分も楽しみにするとのこと。ただ、かぎの中川ちひろさんと佐竹さんは、荻原先生が希望を出したそうです。

          ファンタジーとSFは境界が接近している。SFはどんな理論にしろ何か科学がある。
          カラスがしゃべるとか魔法とか、理屈じゃないのがファンタジー。
          でも、荻原先生はつい理論理屈的なものを作ってしまうそうです。
          歴史を書くつもりはなく、時代の隙間を見つけて想像できる範囲のものを書きたい。

          Q、理屈を作っても出し切れない時は?
          A、書き残した時は次の作品かな。でもやるだけのことはやったと思って書き終えている。
          でも少し時間が経つと、あれも書きたかったなあと思う。作家がスピンオフを書きたくなる気持ちがわかる。でもそういう気持ちが少しはないと次の作品が書けないよね。

          源氏物語は読んでみたら強かった。強いというか、私たちの中に食い込んでいる。
          大人にならないとわからない。大人になってもわからない。だけど原文がいい。ユーミンの歌みたい。季節や風景が一緒になったような。
          源氏物語が私たちのお手本になっている。食い込んでいる。

          Q.荻原先生は作品の中のヒーローに憧れたことはあるか?
          A.アーサー・ランサムの作品に出てくるトム・ダッジョンが好きだった。
          背が高くて頭をぶつけたりするの。そういう好きなキャラがいると本も読み進めやすいわよね。とのこと。

          Q.先生はインドア派(意訳)だが主人公が勝気な女の子が多いのはなぜか?
          A.空色勾玉を出した1988年頃は女の子が勝気な話が少なかった。
          ファンタジーは私小説とは違うので、自分と違えば違うほど世界が均一化すると思う。

          闇の勾玉と輝の勾玉は二つとも闇の女神の手元にある。
          輝の勾玉は、闇の女神の夫に対する気持ちのようなものでもあると思う。(うろ覚え)

          そしてついに白鳥異伝の質問!というか、菅流の質問(^_^;)
          まず早めにFAXしてあった質問を、荻原先生が答えてくださいました。


          フリー質問の時の菅流追加質問の答え。
          菅流が父親を亡くしたのは10代前半。
          父親はたくましい漁師だったが、嵐で船が沈む。
          母親はその数年後に苦労から病気で亡くなった。
          ムラ社会なので、一族や近所の人が面倒をみてくれたので、寂しさはあっても、生活は困らなかったと思う。

          Mさんのアデイル誕生日を見て最後に入れた質問。
          菅流の誕生時期。 月の概念はないので好きな時期でいいですよと。ですよね。。
          ミドリのイメージで新緑のシーズンでしょうか?と粘着質な私に、荻原先生は「ふふ、牡牛座かな?」と優しくなだめてくださいました、すみません(/ _ ; )

          竹芝のお屋形は、中庭に井戸がある。
          ちょっとした裁判?的なこともするので、中庭は多少人や武器を集められる大きさがある。
          阿高と苑上は、同じ敷地内の建物に住んで、ご飯は母屋でみんなで食べる。
          子供が生まれたら、敷地の外の、所有している土地のどこかに家を建てて独立する。

          Q、阿高は苑上のことを「苑上」と呼ぶことがあったのか?
          A、阿高は人前では苑上とは呼ばなかった。
          すごく大事な時で二人だけの時は呼ぶこともあったと思う。
          女性は夫以外に名前を明かさないような時代だから、普段は鈴と読んでいたと思う。

          Q、竹芝に住んだ苑上は意外と器用に家事をこなしたりしていたのか?暮らしぶりを教えていただけるとうれしいです。
          A、内親王で家事もやったことがなく、とんちんかんなことをする嫁だったと思う。
          千種がつきっきりで教えた。二人は仲が良くて、二連にとっては一番の脅威だったと思う。

          西魔女の一の騎士は内縁の夫になることも多かった。
          アデイルが「同じ家から騎士を出すとうまくいかない」と言ったのは、小さい頃から一緒に暮らすと結婚相手として見られにくくなり次期女王候補を生む家になれないという意味の当てこすり。

          西魔女は第二部として東側の話を考えていた。レアンドラが奴隷のふりをして自ら乗り込む話。
          真昼の星迷走も第二部で書くつもりだった内容。ティガとルーンが出会う話も書いてみたかった。でも今は取りかかれない。


          糸世が行った世界は特に考えていなかったが、風神とRDGは舞台は違うが素材は同じ。
          樹上は行事が書きたくて書いた話なので別。糸世が行く世界は糸世がとんでから考えた。

          ハールーンとジャニは現代で再会する予定だった。
          樹上ではハールーンは出ない、ひろみが好きになる人がハールーン。だから夏郎。
          ハールーンとだいぶイメージ違うけどまあいいかなと^_^
          とのこと。

          Q、RDG二巻で、雪政はなぜ泉水子ちゃんが来る時間がわかったのか。
          A、雪政は前の晩から高尾山にいたと思う。山伏仲間に泊めてもらって。そして朝になったら「泉水子が来るから〜」とずっと待っていたと思う。そのくらい用意周到でないとプレイボーイはできない^_^


          「雪政さんも紫子さんの関係についてお話しいただけることがあれば教えてください。やはり雪政さんも最初は反発して、色々あって今の関係になったのでしょうか?」 という一番大事な質問を飛ばしてしまうという私の大失態( ゚д゚)
          あああああ。(今も後悔)

          Mさんが質問の最後に「ユーシスにもっと焦ってほしいんですっ!!」とおっしゃったら、荻原先生が「そうよねえ、あの人はのん気だものねえ」とニコニコされていて、「共通の知人について語り合ってる二人」感にとてもほっこりしました(*^_^*)

          喪山の場所は特にどことはしたくなかったのでわからないように書いた。喪山は動いてはいない。
          「喪山の場所の候補は複数あって、間違った場所にしたらいけないので、特定しなくていい感じに書いた」とおっしゃっていました。

          真夏が長生きする可能性があるかという質問にはYES。
          同じ遺伝子でも同じ発作を起こすとは限らないし、医療も進歩しているから、前はダメだったものでも、今は大丈夫などもある。だから長生きする可能性はある。
          (質問した方が真夏大好きみたいで、めっちゃほっとされていて、良かったねえとほっこりしました)

          RDG4巻の右手と左手は、姫神にとっては「ほう、そちらをとったか」と、深行という存在の立ち位置を?決定するきっかけになったかもしれない。
          深行はそんなことは考えていない。
          姫神にそのセリフを言わせることで「わけのわからないことを言う人だな」という印象は持たせられたかと思う。

          Q、RDG1巻を読んだ時に、ないとは思いながらも雪政と泉水子がくっつかないか期待してしまった。
          そのような年の差カップルを書く予定はないですか?
          A、年の差カップルが好きなのね(笑) そうねえ、雪政は泉水子とは無理だろうし。

          (私の心の声) 雪政は無理^_^

          Q、白鳥異伝の安毘と岩姫の年の差は?
          A、赤ちゃんの岩姫でいいの?
          安毘は10歳にはなってないと思うので、5〜10歳の間かな。
          7歳以下は神のうちといって赤ちゃんの言葉がわかったりするから、5〜7歳くらいかな。


          Q、作品に真という漢字のつく名前が多いのはなぜ?
          A、特に好きとかではないけれど三つ子で急にそろったかな。
          三つ子は、まず真夏の名前を考えて、真夏という名前の男の子がいたらいいなと。
          それから女の子は真響にしようと決めて。
          最後に男でも女でもある名前でと考えて真澄、という順で設定した。

          Q、西魔女でバードにスカボロフェアを歌わせたのはなぜ?
          A、あれはマザーグース。禁じられた歌、本来歌われるはずのないもの。
          長いが意味のわからない歌を歌わせたくて。マザーグースが好きだったから

          Q、空色勾玉で鳥彦が狭也に死んでも戻ってくるというのは?過去の記憶もある?
          A、これは闇の一族の常識だと思ってください。
          過去の記憶まではない。でもそういうものだと思っている。本気で思っている。
          ヴァルハラできれいな女の人にもてなしてもらえると信じるのと同じで、死んでも大丈夫と。

          雪政さんと紫子さんの関係について直接はきけなかったですが、ヒントはあるんですよね。
          雪政さんは、大成さんと紫子さんが仲良くなるのをいいなあと見ていた、ということなので、人当たりが良い雪政さんで、心の中でもいいなあと思っていたのなら、表面上も腹の底でも、反発していたということはまずない。
          また、雪政さんが騎士(ナイト)だ下僕(ペイジ)だ言っていたことから考えて、雪政さんには騎士の誇りがある、つまり西魔女風に言うなら、女王候補の紫子さんの一の騎士である自負を雪政さんは持っている。
          山伏たちのような下僕ではない、自分は騎士なんだと。
          あれはただのキザなセリフではなかった。

          西魔女に当てはめるとよりわかりやすくなるような。
          もちろんキャラの雰囲気は違いますが、人間関係が。
          紫子さんがエディリーン、大成さんがギディオン、雪政さんはエディリーンの一の騎士のオーウェン。
          出会った順は西魔女と同じかと思っていたのですが(あとから来た大成さんにかっさらわれたのかと)
          RDGに当てはめると、先にギディオンがエディリーンと仲良くなって、ギディオンと先輩後輩関係にあったオーウェン(見た目と性格はロット)が、二人が仲良くなるのをいいなあと見ていて、で、エディリーンから一の騎士にしてあげると言われて尽くしちゃってる感じでしょうか(*^_^*)
          ユーシス様は、荻原先生の表現をお借りすると「女王候補の内縁の夫」になれた「一の騎士」になるのだと思いますが、雪政さんは一つ前の世界ではそのポジで、今生は「女王候補の夫にならなかった一の騎士」のポジなんだな。

          だから、深行くんにも、夫なんてとんでもなく、一の騎士だってかなり努力しないと無理、今のままじゃただの山伏で下僕だよ、ということを言いたかったのであろうなあ。
          でも深行くんは「夫になる一の騎士」ポジゲット。
          雪政さんは驚くと同時に、さすが我が息子と思っていそう^_^


          荻原先生は「西魔女のグラールは蜂社会と同じ。女王蜂がいて、雄蜂たちはグラールで言うなら貴族で、優雅に暮らしているけれど使い捨て。でも一の騎士は違う」というようなことをおっしゃっていて。

          西魔女で、一の騎士は女王候補のためならどんな危険にも勇敢に立ち向かう。
          雪政さんも紫子さんのためなら何でもやる。
          でも自分は使い捨てではない。一の騎士。
          一の騎士であり続けるために並々ならぬ努力もする。
          そのプライドを、雪政さんはものすごく大事にしているのではないかと思います。

          とまあ、想像はしたものの、やはり次の機会に雪政さんと紫子さんの関係を質問させていただきたい!
          今回質問した薄紅の質問回答も、想像はしていて、そうだろうなと思って二次創作などしていた内容にほぼ近くはあったのですが、荻原先生の口から話されるともう全然違うというか、感極まりますね^_^


          荻原先生いわく、ユーシス様は悠長!
          ゆーシス様はゆウチョウ!ゆ!ゆ!
          悠長って、漢字の雰囲気とかまで含めて、ユーシス様を表すのにぴったりすぎる言葉だなあ。
          さすが荻原先生。

          ちなみに、ハールーンの現代再開話については、「元々荻原先生の頭の中に、現代でのハールーン再開話があった!」ととらえた方と、「ハールーンは樹上の世界にはもう出てこない。ハールーンとしての再開はない」と荻原先生の述べられた言葉を受け止めた方と、2タイプいらっしゃいました。
          私も、白鳥異伝の初期原稿では、菅流と遠子と小倶那が三角関係だったと知った時は萌えたぎったしなあ( ´ ▽ ` )
          とりあえず、樹上の世界ではハールーンは夏郎になっているようです。

          過去のレポはHPにまとめていましたが、最近はパソコンにゆっくり触る時間がないので、Twitterでとりあえず書いちゃいました。でもやはりまとめておきたいなあ。(まとめるのが大変遅くなりましてすみません)

          トークショーの質問を考える時、最初は「あれはたぶんこうだろうしなあ。質問することはもうないかなあ。
          私も枯れたわねえホホホ」と思ったりしていたのですが、「念のため阿高が苑上と呼ぶことがあったかを確認させていただきたい」と思ったら、そこからテンションが激上がりで質問がA4用紙5枚(うち送ったのは3枚)にもなるという爆発ぶりで。
          質問のFAXも、最初に2枚書いて、多すぎだろうと思って質問を削除して1枚にまとめて送って。
          でも質問魂に火がついてしまい、さらに2枚書いて追加で送りました。
          (先に送ったのが荻原先生から回答されて、後から送ったののうちの一部をフリー質問しました)
          湿気ってた薪がいっきに燃え出したような感じでした(^_^;)


          やはり萌えは大事だなあと思ったので、これからもやはり時々は同人活動もやりたいなあと思います。
          荻原二次創作ネタいっぱいメモってた紙、どこにいったかな。

          そうか、1235って、いずみこなのか…!
          そういえば昔、白鳥の小倶那遠子ファンの方が097105とか書いてらっしゃるのを見てすごくうらやましくて、
          阿高苑上もなんとか数字で表現できないかと足掻いたことを思い出しました(無理だった)\(^o^)/



           
          atasonoya * 荻原作品関係 * 14:34 * - * - * - -

          伊勢阿高

          0
            お久しぶりです、ぴっころですこんばんは。

            こちらは2年ぶり・・・・?久々すぎですみません。。(汗)

            あまねく発売記念の荻原先生のトークショー&質問会に参加したり、オギワラーとして細々活動しております。
            レポートはツイッターで書いてそのままにしてしまっていたので、こちらにもまとめるようにします。

            書く書く詐欺になっている伊勢阿高も、本当に書こうと・・・!
            (伊勢阿高・・・苑上とサヨナラして伊勢に行き、苑上を迎えにみやこに戻ってくるまでの阿高のこと)

            だいぶ伊勢阿高が私の中で固まってきたので、今度こそ書けるはず・・・!きっと!というか書きます!

             
            atasonoya * 荻原作品関係 * 21:39 * - * - * - -

            RDG漫画3巻、もうすぐ発売です

            0
              おひさしぶりです、ぴっころです。
              いろいろバタバタしていますが、また二次創作活動も再開したいなあと思っているところです。

              二次創作といえば、以前、素敵な薄紅絵を描いてくださった、オギワラーのお仲間の琴音らんまるさんが、漫画家になる夢を叶え、さらにRDGのコミカライズもされる!オギワラーの夢!ということを書いたのですが、そのコミックス3巻が今月11/26発売だそうです。

              らんまるさんによると、漫画を5巻で終わらせるように言われているけれど、3巻が年末までにO万部以上売れたら6巻まで続けさせてもらえるかもとのこと。
              ここを読んでいる方で、「RDGコミックス、完結したらちょっと読んでみるかな〜」と思っている方がいらっしゃいましたら、ひとまず3巻を年末までに買っていただけると・・・(><)

              ■らんまるさんの事情説明漫画
              タンブラ
              http://ranmarudo.tumblr.com/
              ピクシブ
              http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=39873470

              ■荻原先生のコミックス3巻コメント
              http://andante-d.way-nifty.com/blog/

              アニメでカットされていた某カラスのシーンも、漫画には入っているとか!
              4コマ漫画も〜。

              よろしくお願いします!

              私はとりあえず、2冊は買います!!
              atasonoya * - * 13:04 * - * - * - -

              なんちゃって古墳ケーキを作ってみた

              0
                お久しぶりのぴっころです、こんにちは。

                奈良の正倉院展の期間中、プティ・マルシェさんが作っている古墳ケーキが可愛すぎて食べたくなり、でも奈良に行けないので、市販品を使って自分でなんちゃって古墳ケーキを作ってみました。

                ヤマザキのチョコケーキと抹茶メロンパンと抹茶パウダーとトッポで作りました。

                発掘スコップ風スプーンはないので、エヴァのMark.06槍型ピックで代用。



                もうちょっと緑を盛った方がいいですね。後で追加してみようかな。

                atasonoya * - * 13:28 * - * - * - -

                お久しぶりですみません

                0
                  こちらではだいぶお久しぶりのぴっころですこんばんは。

                  某SNSにばかり投稿してしまっていました(反省)。

                  ここ数ヶ月のこと。

                  そろそろ本気でものを減らさないとまずいと思い、今まで後生大事に溜め込んでいたものを処分しまくっています。
                  本も減らす、ミニチュアコレクションも減らす、な感じで。

                  荻原作品関係では、RDGでみゆみことゆきりこ(雪政&紫子)妄想を楽しんでおりました。
                  もちろん、やっぱり菅流とあたそのは、もう別格に大好きです☆

                  その他では、一念発起で、千疋屋総本店とタカノフルーツパーラーの桃のパフェを食べてきました。
                  正確には、千疋屋総本店のピーチパフェとスペシャルパフェ、タカノフルーツパーラーの「岡山夢白桃パフェ」と「黄金桃と白桃のパフェ」です。
                  桃大好きなので幸せでした。
                  ちょっとお高かったですが、これからも年に一度は桃パフェを食べようと思うくらいにおいしかったです!

                  ちょっと気分が落ち気味でしたが、桃のパフェで元気が出ました!

                  ばたばたしちゃってますが、今だから書けるアタソノ話とか、書いてみたいです。

                  あとは、ゆきりこ話も書いてみたいです。



                  atasonoya * - * 23:18 * - * - * - -

                  RDGごっこ再開

                  0
                    ※お人形画像がありますので、苦手な方はスルーお願いします。





                    お人形deRDGごっこをまた始めましたぴっころですこんばんは。

                    まずは深行。
                    とりあえず仕立て。


                    原作では水色のシャツらしいので、また今度そっちバージョンもやったみたいです。
                    ジャケットが、紺のしか見つからず。緑っぽいのどこいったかな。
                    紺のだと、中等部時代の深行になるかなあ。
                    何枚かあるのですが、とりあえずワッペンなしので。




                    中学に転校してきた時の学ラン。
                    鈴原さんには頭が上がりませんが〜どうぞよろしく。
                    atasonoya * 荻原作品関係 * 17:04 * - * - * - -

                    ドルパアフターにいってきました

                    0
                      今日は、ドルパアフターイベントにいってきました。
                      ボークスのドールイベント(ドールズパーティー)の会場で販売された限定商品を、イベントの数週間後に店舗で販売するのでアフターイベントと言うそうです。

                      RDGアニメに合わせて狙っているのかといいたいほどRDGごっこに適した人形服が出ていたので買ってきました。

                      学ラン→アニメの深行中学時代
                      ブレザー制服白ベスト付き→鳳城学園での再会時(シャツとネクタイは変更)
                      メンズ白衣→雪政さん保険医用

                      などなど。
                      学ランはすでにいっぱい持っているので買うか迷ったのですが、ボタンの風合いが今までのと違うので買ってみました。

                      アニメのテレビ放送が終わるまでにRDGごっこ少しはやりたいな〜。


                      番外編。
                      買うつもりのなかった少年探偵服、付属の帽子とケープがうちのレッサーパンダにジャストサイズで似合いそうな気がして買ってみました。
                      うん、ぴったり☆
                      ホームズ風?

                      atasonoya * お人形関連 * 18:24 * - * - * - -

                      RDGミュージアム行ってきました

                      0
                        秋葉原のRDGミュージアムに行ってきましたぴっころですこんにちは。

                        雪政さんの設定画がイケメンすぎて、最高でした。
                        紫子さんも美人!
                        みゆきといずみこちゃんもよかったです。
                        女子制服の真澄も、すごく中性的に美しかった〜!
                        撮影不可でしたが、資料集に入れてほしい・・・!

                        一緒にいたドール友達のSさんが、らんまるさんの絵をかわいい〜!と気に入ってらしたので、もうすぐコミックス二巻出るよ〜とプッシュしてみました!

                        ついでに、思わずコメントシートを貼ってきちゃいました☆



                        atasonoya * 荻原作品関係 * 14:29 * - * - * - -
                        このページの先頭へ